FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パートナーシップもスペースワークだった

2019.01.24 23:23|婚活
このブログはほぼ4年ぶりである。
この4年間に、本当に本当に色々なことがあった。

時代が変わっているし、自分も周囲も全く変容したと思う。
何より一昨年に父を見送るまでの介護で、、、文字どおり疲弊しきってしまった💦

自分でも「ボロ雑巾😭」と自覚できるような状態が、見送った後も長く続いていたのだが、
私よりも母のほうが酷い状態なので、その介護に今、力を使っている。
それでも父の時ほどではないのが幸いだ。

そして唐突だが、今年私は結婚することになった。
実は自分でこんな風に書いたり言ったりしても、正直、へっ!?ってくらい違和感がある。
ありがたい話でとても幸せなのだけど、どこか他人事のような感じが未だに抜けない。

勿論、ちゃんと意図して婚活した結果ではあるのだが。

英国オーラソーマアカデミー学長のマイク・ブース氏に、こんなふうに言われたからだ。
「男性との関係性を避けていてはいけない」
「君のハートのガーデンは草ボウボウの状態。でも一人ではこれ以上整えられないよ」
「仕事をするなとは言わないが、その前に君はまず結婚しなさい」


…私は仕事の相談ばかり山ほどしたのだが、返ってきた答えがコレ💦
学長にそんなことを言われていたのは、知る限り私だけだった。
(そのことは、こちらの記事にも書いた→

同じことを周囲の人に言われても、私は多分歯牙にもかけなかったと思う。
でも、マイク・ブース氏に言われてしまったのだ。
オーラソーマに関わる人ならわかると思うのだが、マイク学長にこんなふうに言われたら、
危機感を持たないほうが無理というものなのである!

ちなみに父の葬式の予定を無理やり延ばして、一昨年の絶対反対KINの日に受けたコンサルだった。
そんなことができる権限がその時の私にあり、チャレンジングだったが、父からのギフトと言えなくもない。

私は過去に婚約していたこともあるが(つまり解消している)、総じて男性とのおつきあいは碌なことになっていない。
「別れて良かった!」と思うことばかりで、
つまり、男性との関係や結婚は「碌なものじゃない」という基本思想が刷り込まれていた。

それは育った環境から得た「知恵」でもあったので、文字どおり「碌なものじゃない」関係性をこそ現実化させてきた。
それでも好きだった人はいるし、ま、人生そんなもんでしょ?程度に思っていた。

こんな私でも、普通に「ああ、パートナーがいたらいいなぁ~!」と思う場面も「半年に2回程度」はあった。
ひとり旅よりもパートナーがいたほうがホテルの部屋が割安だとか、一人では入りにくいお店に行きたいと思った時とか、
…私は極めて現実的な女なのである(笑)
でもそう思う時間はせいぜい「5秒程度」で、6秒目には「今夜何食べようかな?」とか「あれやらなきゃ」的に
日常や仕事の思考に戻ってしまうし、
つまり、5秒×2回×2(半年ごと)→ 20秒/1年間(3,153,600秒)=0.00063パーセントしか、
このことに人生の時間(意識)を使っていなかった。

つまり、優先順位として完全に圏外どころか、意識に上ることすら殆どないわけだから、
「避けている」と同じということになる。
エネルギーの世界では意図すれば引き寄せるけど、これじゃ引き寄せられるはずがない。
「全く本気ではない」と宇宙は判断するだろう。

だから、このミッションを遂行するためには、
これまで優先順位が圏外だったものごとを、いきなり仕事の次くらいの優先順位に上げる、
という意識変換が必要だったわけである。

現実的に思考を変えることは難しいから、私はまず物理的環境を変えてみた。
パートナーを求める「時間と空間」を「物理的に」増やした。
つまり、婚活も私にとってはスペースワークだったのである。

一番最初にしたことは、「婚活パーティー」に出かけることだった。
(つづく)
スポンサーサイト

初めての婚活パーティーでやらかす

2019.01.25 11:11|婚活
ある大手の婚活会社のパーティーに初めて参加したのが2017年の暮れ。

合コンに出たこともない(誘われることもあまりなかった)私、
「婚活パーティー」「お見合いパーティー」などというものがあることさえ知らなかったが、
周囲の既婚女性(私よりほぼ一世代下の方々)に
「どこで知り合ったんですか⁈」とリサーチすると、
「パーティーに行ったんです」と答えた方多数(あくまで当社調べ^^;)

特に趣味のお仲間で、「彼氏いないんですー😢」と言っていた30代の美人が、
パーティーで出会った方と半年もたたないうちにご結婚されたことが、とても印象的だった。
そして
「Pieriaさんの年代のパーティーも沢山あるんですよ!」
と言われたことで背中を押された。

「パーティー」という言葉のイメージが、なんだかきらびやかな感じがしたが、
お屋敷で開催されるのでもお食事やお飲み物が並ぶわけでもなく(そういうのもあるのかもしれないが)、
オフィスビルの中で行なわれる「集団見合い」だった。(ソフトドリンク程度は出るものもある)

大体集合から終了時まで2時間ということだったので、行き帰りの時間を含めて、私の施術時間を2枠使えば参加できるとわかる。
ただ開催は土日が多いことと、もしカップリングとなった場合、その後相手とお茶か食事でもすることになるので、
仕事はほぼ半日クローズさせなければならなかった。
私のような仕事の人には、そういう経済的損失が生じる。

でも、残りの人生を共にできるパートナーがもしも得られるのだったら、
半日仕事ができないくらいは、大した損失ではないとも考えられる。

そういうわけで臨んだ最初の婚活パーティーは、、、
見事なまでに自分のトラウマの縮図が浮上したものとなった💦

50代以上対象の20対20のパーティー、クリスマス間近という時期のせいもあったのか、ほぼ満席だった。
一人一人のスペースが本当に狭く人がひしめきあい、最初に入室した雰囲気だけで私は酸欠状態💦
クラクラしていて、思えば正常な判断ができる状況ではなかった。

一人一人と会って話す時間が2分弱、その後フリータイムがあった。
2分なんて名前を言って職業やどこに住んでいるかなど、ひとことふたこと交わせばお終いである。
さらに20人も一気に会うと、誰が誰だったのか混乱してよくわからなくなる💦

結論として、私は3名の方から第一希望を出されたようだったが、
実際にマッチングした相手は一番気に入った人ではなかった。

私が一番気に入った人は(多分先方もそうだったと感じるのだが)、
とても物腰が柔らかく話し方も落ち着いて、おしゃれな感じの人で好印象だったのだが、

横顔が一瞬父に似ていたのである!(゚д゚) で、

「優しそうだけど、実はDVだったらどうしよう!💦」
という残念な恐怖に駆られてしまった。

第二希望の人は「お願いします!お願いします!」と懇願する人で、
それもどうなの!?と思うし、残念な面もあったけど、ついほだされて第一希望に書いてしまった。
この第一と第二の差が、大きいのである。

その最終希望カードを出すための考える時間がやはり2分弱、つまりすべて「直感勝負」なのである。
だから、一瞬の迷いが全てを台無しにしてしまうことがある。

本当に第一希望だった人は、私もそう書けば確実にマッチングされたと感じるのだけど、
最終的に私が裏切った形になったため、ぷぃ💢と怒りのエネルギーを残して、足早に去っていった。

あーーー、やっちゃった💦感(;_;)

そんなふうに、一瞬でいろいろなドラマが展開されてしまう場なのである。

そしてマッチングした人とは、その後結局コミュニケーションが全く成り立たず、
ほぼ自然消滅の形となった。

「トラウマ」と、「つい、ほだされる」私の質が浮上してしまったわけで、
これが私の、なんともほろ苦い婚活スタートであった。

(つづく)

タイミングこそが全て

2019.01.26 05:55|婚活
シンクロする、という言葉が随分普通に使われるようになったけれど、
「人生全てタイミング」なのではないだろうか? と思う昨今である。

クリストファー・ノーマンの「インターステラー」という映画がある。
(以下超ネタバレなので注意)

私が最も印象に残るのがラストに近いシーンで、地球を救うため宇宙へ飛び立った父と、父を愛して待ち続けながら結果的に人類を救う科学者となった娘が出会うシーン。
地球の時間と違う惑星や宇宙を飛び続けた父は年をとらず、娘は老衰で死に瀕したお婆さんになっている。
地球年齢128歳なのに若々しい父と、お婆さんの娘。信じ続けたから会えた感動的なシーンだけど、
「ここにいるよ」と言う父に、
「ダメよ。親が子の死を看取ってはだめ、私には子供たちがいる。あなたは行って」
と、遠い探査惑星で恋人を亡くしてただ一人仲間を待ち続ける女性科学者の元へ飛ばせる。

同時代を生きた子供や孫に囲まれて逝こうとしている娘と、時間軸が違ってしまった父との隔絶感。
そして彼は、本当に帰りたかった地球のノスタルジーにひととき酔っても、やはり「今を生きる」ことしかできない。
彼にとっては同じ船で、つまり同じ時間軸で旅した彼女としか「今」を生きられないので、再度旅立つ。

同じ時間を生きるどうしが、リスペクトしながら協力して関係性を作る、
それがパートナーシップだと私は思っている。
たまたま男女でお互いに伴侶と認め合い、良い年齢同士なら世間的なカップルとなるけれど、
本来、同性か異性か、または年齢はあまり関係ないのかもしれないとも思う。

過去生で縁があった人と関わったり、他の惑星で生きていた時の仲間と出会ってコミュニテイを作ったり、
そういうことは今の時代、非常にポピュラーだし、むしろそういうことで生じる縁が殆どなのだと思う。

でもそれが現実的に不毛な関係性だったり、縁の深さゆえの葛藤や執着が生じることもあるかもしれない。
それは学びを終わらせるための出会いであることが多いと思う。

例えば私は過去生で父に冤罪で殺されており、その縁で父は今世私を養うことになったのだと思っている。
今世でも何度も殺されそうになったが免れ、さらにはなかなか壮絶な介護をやりきって父を看取った。
それはなんというか、亡くなった時点で(不謹慎にも)ガッツポーズしたいほどのやり遂げた感があった。
更には家系そのものをケアするのも私の役目だった。
えてして家族とはそういう学びのために選び合っていることも多く、来世以降私はもう父と出会う必要は多分ないだろう。
それが成長というものだと思う。

そしてパートナー探しとは、本当に「今」という「同じ時間軸」を「同じ方向を向いて」「リスペクトし合って」歩ける相手を探す旅であり、
それが銀河の片隅で本当に奇跡的に起こる出会いとして実現した場合の感謝は、尽きないものなのである。
(つづく)

銀河画像

出会った人、出会えなかった人、お別れした人

2019.01.26 11:11|婚活
2度目の婚活パーティーは、「プレミアム」(笑)と名がつくものに行ってみた。
収入の高い男性限定で(女性の参加費のほうが高い)、人数も5対5とかで比較的ゆったりしている。
お話しできる時間も8分間と、比較的長い。

前回の20対20の混乱がトラウマ化しそうだったし、
やっぱり、参加費とかそういうことをケチってはいけないと思ったので。

でも平日夜だったせいか、結局男性は「一人」しか参加がなく、全くパーティーじゃなかった。
お会いした人は感じが悪い人ではなかったが、何も記憶に残っていない。
当然選ぶということはできなかったので、マッチング用紙に何も書かなかった。

そんな事態なら事務局から連絡してくれれば良いのに、
「もう一人男性がいたが、直前キャンセルだった」「間際まで受け付けているので中止連絡はできない」とのこと。
クレーム対応として高い参加費はポイントで戻されたが、結局それを使うことはなかった。

今思えばクレームつけるのもどうかと思うが、
"自分の都合と自分の理屈だけでは、相手は来ない”のだなぁ…と学んだ。
まさにタイミングを間違った、ということなのだが。


他の機会で印象深かったのが、10歳くらい上の、お孫さんも沢山いらっしゃる方。
名前と職業を紹介し合い、奥様と死別されていることは自己紹介カードで知ったが、
その方の第一声が、
「あなたには、相続放棄していただきたいんです」

私「(……は?!)(◎_◎;)」

「財産や不動産は、子供と孫に行き先が決まっているものですから」

私「(後妻に渡す分はないということですね、、)
ええと、ご事情はわかりましたが、
今初めてお会いして2分も経っていませんし、これからご縁があるかどうかもわかりませんのに、
いきなりそんなこと言われましても…」

「あ、前の人とはそこまで話しましたから」

私「え、そうなんですね?!」

驚きだったがそんなことがあった。ま、ある意味非常に現実的というか。
この方は子や孫に恵まれた楽しい余生を共にしていてた奥様が突然亡くなって寂しいので、
「食事とつまみをつくってくれて、晩酌につきあってくれる人(で、相続放棄してくれる人ね)が欲しい」のだそう。
シニア世代の婚活は、ニーズが多種多様なのである!

隣の人の話が聞こえてきたりもして、
女「アンタ、月いくら稼いでんの?」なんて聞かれてる人もいたなぁ(笑)

忙しくもあったし、なんだかうんざりしたり、「結婚って何?💦」とよくわからなくなったりして…
しばらく婚活を休んでいた期間もあり、パーティーにはトータル5~6回参加しただろうか。
いろいろな立場や環境(ガテンな人から社長さんまで!)や思考感情の持ち主と接触することができて、
それはそれである意味良い経験だったと思っている。


マッチングした人と、一人だけおつきあいした。
最初はいい感じだと思ったのだけど、コミュニケーション能力やキャパシティがどうしても折り合わず、
2ヶ月ちょっとでお別れしたのだが、このことは本当にエネルギーを消耗した💦

思うに「婚活パーティーでマッチングしたから結婚決定」と勘違いしている人もいるみたい。
「相手ゲット!キープしとけばいいや」的な発想?を複数名から感じた。
違うでしょ、それはただのキッカケでしょ!

こういう失礼千万な、人としての配慮が欠如気味なワケアリくんも多かったように思う。
多分全く違うタイムラインを歩んでいるのに、一瞬カスっただけの相手、という感じだろうか?


結婚相談所の登録も考えたが、某ノッ◯エも、某楽◯オーネットも、
ちょっと資料を取り寄せただけで、昼夜を問わずしつこく電話をかけてくるので本当に迷惑極まりなく、
結局登録もしなかったし、「仕事に差し支えるので電話しないでください!」とキツめにクレームをつけた。
それでもかかってきたけど💢

2018年夏の酷暑は、もともと消耗気味の私の、さらなる婚活疲れに拍車をかけた。

(つづく)
| 2019.06 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

pieria

Author:pieria
光の鍼 治療室Pieria<ピエリア>主宰(世田谷区奥沢)
http://www.pieria-net.com/pieria/Welcome_to_Pieria.html
メインブログはこちら↓
http://ameblo.jp/pierianspring/

アーカイブ↓
http://blog.goo.ne.jp/pieria

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。