スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年晩秋「物件変えてください」

2012.07.15 02:02|不動産取得
フラット35の審査は早ければ2日、遅くとも1週間〜最長で2週間と言われていたが、1週間過ぎても連絡がない…
断られるのは即日だけど長引くのは脈アリのサイン、とはよく言われるが、さすがにもうクタクタである。

そんな折、鍼灸学校とオーラソーマ先輩のKさんから、バーバラブレナンヒーリングスクール方式の「ハラヒーリング」の施術モデルになって欲しいと言われ、一も二もなくOKした。
経絡よりもチャクラよりも、エーテル、アストラルレベルよりも、最も根本的なヒーリングがこれ。
つまり東洋の古来の武術家等、腹が整っている人は最も深いレベルで自らを癒しているということで、これが通れば人生変わる、っていうか努力なく自動的に最善の道が開けていくという。
実際Kさんの施術を1度受けただけで、施術のパワーがあがるのがわかったのだが、思わぬヒーリングクライシス状態にも陥り、「あ、もしかしてハラが通らないと物件も来ないかも?(汗)」と気づく。

そしてほどなく11/10火に「否決」の連絡が来た。「理由は言えない」「物件を変えてください」だそうだ。
…そんなことって…!?
本人も物件も問題ナシと言われていて、あとは売り主側だけだということだったのに。。
フラット35は借地権OKなのだが、多分問題は借地権なんだろうな、と感じた。

それにしても私はあの物件に出逢わなければそもそもこんなアクション起こしてなかった。
それが駄目なら「じゃ別のにします」っていうモノじゃないでしょう?絶対!
不動産屋さんには、まだ他の金融機関から出せるし諦めるのは早いと言われる。
でも私はどうしていいかわからなかった。。
全く縁がなければ3ヶ月も引っ張られないだろうが、ここまでやって否決というのは手放せというメッセージ?
いろんなことを脇にのけてきたこの3ヶ月は一体何だったの?!

11/11、金融機関に父が直電で抗議。どこにも瑕疵がみつからないのに何故駄目なのか理由を聞かせろと。
「理由は言えない」と言われたのにキレたらしい(銀行50年勤務&審査部のプロ&ゴリ押し&キレキャラの人だ)
そして翌日の朝、なんと「再審査」の連絡が来る!
この金融機関はノンバンクで担当者は正直シロウトだったから、父の電話にビビったのだと思うが、そんなことで再審査になるものなのか? 相当いい加減だなと感じる。

不動産屋さんは「お父さんすごいですね、これはいい兆候です、このままいきましょう。」と言い、
じゃぁそうするしかないとは思うが、状況は相当混迷し、見えないレベルですごい綱引きが行われている感じ。

私のために喧嘩を打ってくれたと感じて父には一瞬感謝したが、その後父のスタンドプレイが目立ってくる。
人のためというよりあくまで自分が納得できないことに食い下がる人で、相手がシロウトと見るや権威的なスタンスが前面に出る。
それまで父はあくまで書類上のみの存在で、私ー不動産屋さんー金融機関のラインを作ってきたのに、金融機関の担当者への直電は非常に嫌われ、金融機関も不動産屋さんも私に父を何とかしろと言ってくる…>_<;
金融機関の担当者は二枚舌を使っていて問題はあるが、なんだかんだ言ってもこちらは審査される側なのに父の勘違いは甚だしい! そんなことで父とはまた大喧嘩…更に母も父に同調してしまうのでKY圧力2倍以上(泣)
…私は幼少時からこういうことに悩まされてきたのだ。

それにしても、あんなに購入を恐れていたのに否決されてみて両親がこれほど執着するのは、昔自分たちが東京に住みたかったのに家を買えなかった過去の記憶も関係していそうだ。そこもクリーニングする。

実は私には住む土地の区画整理や再開発を促す質がある。都内に限らずこれまで住んだところは殆どそうだったし、今のマンション周囲も戦前からの家が取り壊されて、新築5軒フルリフォーム3軒大規模改修多数あり、周囲は常に工事中だった。
そしてこの物件の底地は戦後の古い歴史を引きずっていた。思うに、私と物件が近づくにつれて底地のヒーリングが起こり始め、「変わりたくない」土地のエネルギーが反発し、それが金融機関の審査部に介入したのではないだろうか?
土地の問題になっていきなり否決されたのは、そういうこと?
あゆみ先生にも「最初からいい土地には住まわせてもらえないかもね」とは言われていた。
…というわけで、超混迷。。結果、また半月以上待たされることになる。

ハラは土地、つまり地球とつながっている。
「結局は全てがハラを通すためだったのかしらん?」とさえ思えてきた。いわばコアのコアの部分だ。
クリーニングの結果ハラを通す使者として天がKさんを派遣したのだと感じた。その後もKさんのハラヒーリングを受けさせていただき、それは素晴らしく宇宙的かつ地球への恩恵でもあった。
私は自分の仕事のためにはハラを精錬することが第一義で、このためだったらマンションの一つや二つ、どうでもいいとさえ思えてきた。それは完全に手放しの境地だった。

一方で私の計算高さというのもあり、「かけたエネルギーに相当する対価」つまり「リターン」がないと納得できない。ここまで力を尽くしてクリーニングもし続けて、何もないってことはないよね??とは思っていた。
ときに11月も終盤に入って木枯らしが吹き、師走の声とともに足掛け5ヶ月仕事になろうとしていた。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

pieria

Author:pieria
光の鍼 治療室Pieria<ピエリア>主宰(世田谷区奥沢)
http://www.pieria-net.com/pieria/Welcome_to_Pieria.html
メインブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/pieria

サクッとつぶやき系のサブブログ↓
http://ameblo.jp/pierianspring/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。