スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年夏「矛盾の中で信頼すること、そして最後の課題」

2012.08.01 11:00|不動産取得
2012年6月21日夏至に、「最後」と決めたローン申請書類を城南信金さんに提出し、担当者さんは「どんなに遅くとも7月末までには結論を出します」とおっしゃったので、待った。
7月半ばに担当者さんと外でバッタリお会いした時に(何せご近所なので)、「スミマセン、新たに資料作らなければならないので、もう少し待ってください。」と言われて、覚悟はしていたけど7/31の昨日、さすがに自分から電話してしまった。
信金さんがローンを決裁するには信用保証会社のOKを取る必要があり、これが時間がかかる。
一度差し戻されて、もう一度資料を作り直して再審査に臨むそうで、更に10日はかかるそうである…!
結論は8月半ばとなり、昨年と同じで結局2ヶ月近くかかることになる。。

私が新たに出さなければならない書類や資料はないそうで、それなのに更に時間をかけて一体何が変わるのかよくわからないのだが、ともかく担当者さんの誠意は感じられるので、もうその流れに寄り添うしかない。
何かが顕現するまでにやはり時間という力が必要で、それこそがスペースワークなのだろう。
私は基本短気ですぐにレスポンスがないことが嫌いだし、一番嫌なのが全体像が見えないこと。一体どのような全体構造で、そのどこでどのように滞っているのか、何がそれを妨げているのかを猛烈に知りたい。
でもこのプロジェクトで養った質は、そんなことも一切合切クリーニングしながら「待つ」能力かもしれない。

待つことは信頼することだ。信頼することは手放すことだ。
昨年があんなに苦しかったのは、大地が揺れ放射能が蔓延し先行きが見えない究極の迷いが生じたと同時に、自分への信頼をも失っていたからだ。

結果は手放すことに決めているけれど、それ以前の「結果が出ない」ことのストレスが既に限界を超えている。
「どんなに遅くとも7月末までに」GOか撤退かを決めると、としまち研さんに宣言したのにこうなるのだ…。
その間に設計は、洗面台のタイルに開ける穴のサイズを修正したり、ニッチの巾と高さなど超ディテイルまで着々と進んでいるのだ(汗)
住めるのかどうなのかわからない物件に関して、ここまでエネルギーを使って仕様を決めていることの矛盾、その苦しさをわかってもらえるだろか…!?これはこの件のスタート時からもう2年続いているのだ。
そしてもしも最悪の事態となってこの期に及んで撤退する場合、現場は一体どのようになってしまうのだろう。設計者さんにも施工さんにも申し訳なさすぎて死にそうな気分になるのだが、だからといってこのまま続けたら本当に自分が矛盾のエネルギーに殺される感じがする。
だから、ただクリーニングすることと、手放して信頼するしかないのである。

クリーニングしながらいろいろ鑑みると、この「膠着状態と遅延」について、2009年時点でもそうだったが、よく考えればずっと事態は好転しているではないか。
あの時は不動産業者や金融業者の嫌がらせや見下しを受けた遅延だったが、今回は違う。
思えば父との共同作業をやめてから嫌がらせなど一切受けていないし、としまち研さんや城南信金さんとの出逢いなど、良い出逢いに恵まれたのは間違いなくクリーニングの結果だと感じている。

思うにとしまち研さんは、よく私のような者を許容していると思う。その鷹揚な放置プレイ(に近い;;)が却って心配になるのだが、私ごときにかまっていられないほどお忙しいのだとは思うが、「ま、多分大丈夫でしょう」という感じで放置していらっしゃるのだとしたらすごい信頼度合いで、敬服してしまうm(_ _)m

沢山のクリーニングをしてきたものだ。
何より「マンションを買う自分を承認する私」(そんなのハナから無理だと思い込んでいた)、「○千万のローンが怖くない私」(DNAレベルの借金恐怖があった)になれたのが最大のギフトである。
2009年からたびたびハラヒーリングをしてくださっているKさんに指摘されて気づいた私のビリーフ(思い込み)が、
「肝心なところで世の中は私の邪魔をする」だった。そのせいで散々待たされた挙げ句否決とか、4日遅れで2番手に取られる、などということになる。
私は鍼灸学校の入学金と学費が何故か期日までに着金せずに一度入学取り消しになっているし、ビーマーライトペンを学ぶ時はコース主催者にメールが届かず受講できなくなりそうだったし、仕事に関する重要局面でそういうことがしばしばあった。これもクリーニングし続けて、ともかく今、私はすべてを創造主と共同創造している。はっきりと自覚しているつもりだ。

そしてオーラソーマで言えばゴールドという色を原材料として沢山持っている私は、本質的に矛盾を孕んでいるのだ。YESなのかNOなのかわからない混乱と同時に知恵を持ち、恐れと同時に喜びを持つ。怖がりなくせに博打打ちだ。
また、ケチなくせにこの2年は自ら進んで似非高額納税者(汗)になっていて、それはそれはもう筆舌尽くせぬくらい辛いのだけど、震災のあった年に税金を沢山払うなら本望だ。

そして最近確信するのだけど、私は「楽しいことしかできないし、やってこなかった」のである。
一応誰もが認める大会社に勤めていたけど辞めて10000%以上(100%ではなく10000%だよ)良かったと思っている。さくっとローンが組めてしまう大会社の社員だった時よりも、この天職に就いて少なくとも100倍以上は楽しいからだ。
だとしたらこの件も、自分でハラハラドキドキなゲームを創り出したくてこうなっている可能性が大である…(汗)

そうなると、最初からわかっていたが最後の最後にクリアすべきことがある。もしかしたらスペースワークとしてはこれが最も重要なのかもしれない。
今のスペースのお片づけ=断捨離である。実は私の一番苦手なこと!!
会社員時代の私を知る人は、私のデスク周りのカオス状態に呆れたと思うが、ともかくどうしようもなく片付け下手なのである。多分今の場所でこれが出来ない限り、次が来ない…。
「こんまり」さん流のときめきお片づけも、昨年に洋服だけで止まっており、どんなに掃除をしても基本的に一日で汚部屋を作りだしてしまう、むしろ「散らかし上手」「汚しのプロ」と名乗りたいほどだ(汗)

全体像がわからない!と思う時、えてして自分を見ればすべてがわかるものなのだ。
実は最難関を残していた。逆にあと10日で出来るのだろうか? 文字通り最後のテストだと感じる。。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

pieria

Author:pieria
光の鍼 治療室Pieria<ピエリア>主宰(世田谷区奥沢)
http://www.pieria-net.com/pieria/Welcome_to_Pieria.html
メインブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/pieria

サクッとつぶやき系のサブブログ↓
http://ameblo.jp/pierianspring/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。