スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年夏その2「躯体見学会とお片づけ」

2012.08.11 22:54|不動産取得
城南信金さんには7/31の時点で「あと10日ほど待ってください」と言われたのだが、8/10金の昨日もまだ連絡はなかった。
金融機関は週末は動きがないので明けて来週、私は火曜からお盆休みをいただくのだが、その間に決まるということになるのだろうか。。

そして本日8/11土、(仮称)奥澤コーポラティブハウスの「躯体見学会」があった。
6月に審査依頼をしたとき、当然8月の躯体見学会までには全てが決まって、スッキリした気分で見学会に臨んでいることをイメージしていたが、よもやこのようなことになろうとは…:-;
でも強気で楽しむことにした。滅多にない機会だし。

軍手とヘルメットを着けて、仮設エレベータに乗って5Fまで(5階の見学会の日なのだ)。ものすごくワクワクした!
既に床の下地が入っていて、完全にスケルトン状態ではなかったが
「うわ、本当に図面が現実化してる!」
と驚いた。(当たり前なのだが^^;)
お金という現実(っていうか見えないのでむしろ幻想と感じる)がついてこないのに、物件という現実がここまで立ち上がってきているそのギャップに驚くと同時に、こっちのほうが強い!と感じた。
そして、これは紛れもなく「私の居場所」だと感じてしまったのである。

設計者さんに「小さく感じると思います。がっかりしないでくださいね」と言われたが、本当にそのとおり。
確かにサイズ通りなのだが、トイレなんてほんと小さい! 既にユニットバスは搬入されていた。今とほぼ同じはずなのに本当に小さく感じる。
そしてこれが私の等身大の居場所なのだ。本当に自分でいるための最小ユニットであり、小さな私の今世の役割を発揮する拠点スペースであり、そして多分もっと大きなレベルで仕事をするための「基地」なのだ。
アインソフ委員会銀河系内太陽系本部、地球支部、東京支所、奥沢サテライトみたいなもんか(オイ…)

私は多分過去をごっそり整理して、ここに入ることになるだろう、っていうかそうしないと無理(汗)
後半生を本当に一緒に過ごしたい少ないモノたちだけを厳選して、ここに住むだろう…。
という実感とともに短い時間を現場ですごした。配管や配線がどうこういうレベルではなく、ただその小さな愛すべきスペースを味わった。
ともかく設計者さんと何十回も打ち合わせしながら2年がかりで創りあげた図面が、本物になってきている、その感動!

写真を撮ったらなんだかオーブだらけだった。
躯体1小

躯体2小

私がこれまで撮ったオーブ写真はすごく綺麗な場所だったり、子どもさんが楽しそうにしている集合写真だったりしたが、これは建築現場なので単に埃に光が反射しているのだろう。
でも同じように撮っても映っていないものもあるし、私には光のエネルギーとしてのオーブもちゃんとあると感じられる。
まぁこういう話は敬遠する人も多いかもしれないけれど、実は基礎工事の段階からこの場所で、私は毎日大天使のエネルギーを感じていた。ミカエルだと思っていたのだが、最近大天使メタトロンを感じている。

ちなみに2週間後には「コンセントチェック会」がある。その頃にはもう壁の下地が立ち上がっているということなのだ。
ちなみに建設会社の現場担当者(ご年配、といっても同年代かもしれぬ・汗)が、オーラソーマをご存知だったことに驚いた。「あの4本選ぶやつでしょ?」と現場なスタイルで言われると超びっくりな嬉しさ^-^


さて自分のお片づけは頑張っているつもりなのだ…が、見た目は殆ど進んでいない(泣)
でも手を打った。もう自分だけじゃ無理だから。
情けないことだが最近まで震災後のショック状態が尾を引いて、いろんなことに手をつけられずにいることもあったが、実は片付けられない理由はもっともっと深いところにあることもわかっている。
わかっていても、どんなに努力してもこれまで何年もできなかったのだから、このままでは無理なのだ。
身体にプロのセラピストが必要なように、スペースのお片づけのプロに私がサポートを依頼する必要があることはわかっていたし、その人を紹介されてもいた(既に去年の段階で)。
でもこの状況では何をどのように依頼すべきなのかもわからなかったのだ。

1.コーポラティブハウスに入居できるとしたら、その部屋に合わせた今のお片づけと環境のつくりかた
または
2.ローン不成立で引っ越しできないとしたら、今の場所をよりよく使うためのお片づけと環境のつくりかた

これがわからないので今迄二の足を踏んでいることが沢山あるのだ。例えば昨年の原発事故の時点で浄水器はきちんとしたものを買いたいと思ったが、新物件では既にビルトインで発注するので今はとりあえずブ○タでやりすごしているし、今の家具の処分や買い替えもずっとペンディングなまま。

でもとにかく「今」のお片づけが大事なのだ、とわかったのですぐにプロの方にコンタクトをとった。アクションを起こす事が大事だと思った。そして先方様もタイミング良いと感じてくださったようで、お盆明けにお会いできることになった。
さすがにその時までには状況は決定しているだろう。

こうしている間にも、このブログを読んでご心配くださったクライアントさんが、ご自身が親切にしていただいているというローン会社をご紹介してくださったり、このブログを楽しみにしてくださっている方もいらっしゃるようで、皆様のあたたかい思いやりが感じられて感謝に堪えない。結論が出ないまでも書いて良かったと思っている。

次回にはさすがに今後の私の身の振り方をご報告することにしたいし、そうじゃないと困る。
自分で造りあげているとはいえ、この「足掛け4年、結論じらしゲーム」はもうお開きにしたい。そして本当にこのスペースですべき私の本来の仕事に注力していきたいと、切に願っているのだ。(つづく)


関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

pieria

Author:pieria
光の鍼 治療室Pieria<ピエリア>主宰(世田谷区奥沢)
http://www.pieria-net.com/pieria/Welcome_to_Pieria.html
メインブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/pieria

サクッとつぶやき系のサブブログ↓
http://ameblo.jp/pierianspring/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。